【解答編】遊園地へGO!

あの………

あ、

あけましておめでとうございます………(笑)


いやぁ、更新が止まりまくっていて申し訳ございません…。

問題投げっぱなしと言う…



よし、決めました。

これから解答を載せるまで帰りません!!


ということで、

もう何ヶ月も前の占例を今から読み返してみまする!


ーーー

どちらの方が空いていて、

当日の天気はどんな感じでしょうか…?



ーーー

【遊びにいく当日の「ランド」の混み具合】


月建:申(金)

日辰:庚午(火)

空亡:戌亥


巽為風→水雷屯




【同日の「シー」の混み具合(…と天気)】

月建:申(金)

日辰:庚午(火)

空亡:戌亥


水火既済→風水渙




さて、私はどちらを選んだでしょうか?

そして、どんな天気だったでしょうか…?



申し訳ございません、卦を省略いたします。

よかったらご自身で納甲してみてくださいね!



ーーー

さて、混み具合と天気を同時に読んでみたと言う話でございました。


二者択一…断易の得意とする分野でございます。


用神をどうするか…というのが最初にして最大の関門ですね!



不思議なもので、

どちらの卦も、動爻になった高さが全く同じ(初爻・二爻・三爻・上爻)…
さらに世爻が兄弟ってのまで同じ。

なんでなんでしょうねぇ…(笑)


この時点ではわかりませんでしたが、

内卦(下の八卦)がくるっとひっくり返る…八卦の反吟になっていて…

結局この卦では「もう一度ユメノクニへ行きたくなる」ということだったんでしょうね…(笑)


その通り、もう一度行きましたからね、ノリと勢いで(笑)


ーーー

さぁ、用神ですね。

世爻か…兄弟(ほかの人の勢い、強さ)か…父母(建物…エリアの圧力の強さ…人口密度的な?)か…

と思ったのですが、

シンプルに兄弟にすることにしました。

世爻ですし。(笑)



さて、兄弟が強いのはどちらかな…っと見てみたら、

どうも「シー」の方が「ランド」より強そうに思えました。

せっかくなら空いてる方がいいよね、ってことで行き先はランドに決定!


動爻がいくつかあって読みづらいときこそシンプルに!( ✧Д✧) カッ!!(笑)


ちなみに、気になる天気は両方の卦から「晴れ〜曇り」あたりだろうと思い、

世爻の兄弟が雲り、強い妻財が晴れです。

日取りもここでいいやと決めました。(笑)



ちなみに、ランドの方だと父母も空亡だったので…どのみち大丈夫かなと思ったのも決めてだったかと思います。



結果、天気は晴れ〜曇りといった具合で…。

混み具合も、この時期のランドとしては奇跡的なほど空いていました。

空いていたというよりは、待ち時間が短くて済んだ…という印象ですね〜!


ーーー

それからしばらくたって、

(今だからわかる、最初の易のとおり(笑))

もう一度ユメノクニへ…!!

さて、開園に間に合うかな?


A,B,C、三つの交通手段の候補があって、


どれで行ったら無事にたどり着けるか、開園に間に合うかを占いました。



【Aの手段で行って間に合うか?】


月建:酉(金)

日辰:戊子(水)

空亡:午未


風雷益→地火明夷


【B】

天水訟→火天大有


【C】

天火同人(動爻なし)




さて、どれを選べば、開園前にたどり着けるでしょうか…?





ーーーー


この用神は割と悩みませんでした。

乗り物→父母、

トラブル→官鬼、

です。



そして、見た瞬間Cの選択肢が消えます。(笑)

官鬼つよし!
これはアカンや〜つ。(笑)


AかBかで悩んだのですが、


Bの初爻(応爻でもある)が、官鬼の子(水)に変わって世爻と冲になるのが気になったので、

Aの選択肢で行きました。



ーーー

実はこれ、Aは新幹線、BはJR在来線、Cはバス…です。

Cがアカンのは、たぶん開園に間に合わなかったのかな?という推測です。

Bの在来線は、当日トラブルがあって遅延していました。
普通に行ってたら、まず間に合わなかったと思います。

Aの新幹線→東京駅から京葉線も、Bのトラブルの影響で多少の遅れがあったものの、

無事に間に合いましたとさ!


………というお話でした!!

いやあ、

数日って言っておきながら、
年を越してしまいました(笑)

こんなブログでも読んでくださっているかたがいらっしゃるのは本当にありがたいです…

ありがとうございます……


みなさま、本年もどうぞ、よろしくお願い致します!!!

【断易占例】失せもの占

さてさて、こっそり復活しておりましたこのブログ。

何事も無かったかのように更新っ!!(笑)


先日、お客様からのご依頼で、

「職場にて大事なノートの行方がわからなくなったので、どこにあるか占ってほしい」旨のご相談がありました!


そうですね、これこそ占いの出番!!

見させて、いただきます( ✧Д✧) カッ!!



月建:午(火)

日辰:庚辰(土)

申酉/空亡


火沢睽→水風井


失せもの火沢睽→水風井

(画像では水風井の卦を省略しています、申し訳ございませんm(_ _"m)ペコリ)



さてさて、

どのように読んでみましょうかね!!




---

「ノート」なので、用神は父母爻にとりたいと思いました。


火沢睽の卦に父母爻は二つ。

どちらも動いていますが、応爻である、初爻・白虎・父母巳(火)、これを用神としました。



ちなみに、探しているノートは赤いノートだったらしく…

巳のイメージに近い物がありますねぇ…(ピンクかな?と思ったけど、真っ赤だそうです)




さてさて、世爻は月建から剋。

日辰から生じられているものの、合になって動けず。

そして空亡。


散々探しまわったけど見つからなかったそうで、

まさに仰るとおりの状態かと…。

お疲れ様です!(`;ω;´)




ノートがどこにあるか?ももちろん大事なのですが…

それ以前に、「ノートが帰ってくるか?」も大事かなと思いまして…。

それを卦から読むと、

これは「確実にノートは帰ってくる」と思いました。



帰ってくるといいますか、

自分からノートの方に吸い寄せられるといいますか…(笑)


巳酉丑の金局三合が成立していて、

火沢睽の卦なら、応爻巳(火)→世爻酉(金)に剋しながら「入ってくる」イメージ。

之卦で読むなら、世爻が動いて申(金)→応爻丑(土・金の墓)に入っていく感じ。


うん、どっちにしろ、ノートは必ず戻ってくる( ✧Д✧) カッ!!


動爻が多くて読みづらいですけど、こういう時こそシンプルに!!


ーーー

ここからが本題。

これが一番難しい、

「いつ・どこを探せばよいか」
ですね。



これはもう知識総動員で、

ああだこうだとお話しました。(笑)


その中でも、特に気になったのは、

十二支の丑(土)。



なんで丑(土)なんだろう…??と気になりました。


白虎だし、丑(土)→水を入れる蔵…?(丑(土)の土は、泥みたいな土で、若干の水気を含んでいるイメージ)

ということで、

そのときは、「冷蔵庫」かなぁ…?なんて思っていました。

「冷蔵庫、もしくは流し台など、水の近くにある」…?


あとは、白虎の象意でPCなど電子機器とか。




(同時に見た金口訣の課からも全く似たように「必ず帰ってくる」こと、そしてやっぱり丑(土)が出てきたりとかして。)


そして、断易の卦でも用神二つ、金口訣でも双子のような課になって…

まさかノートが二つにちぎれていることはないと思うのですが、

どうしても「2」というキーワードも捨てきれませんでした。




方向で言うと、この場合は、

(職場の机を中心として)巳・酉・丑、の方向が一番アヤしいかなと。



あと、おそらく相談者様は空亡で、「誰にもこの件を話していない」と思ったのですが、

世爻の一つした、三爻の青龍・兄弟さんが、とても良い動きをしているので…

「隣の机の同僚の方には、このノートを見ていないか尋ねてもいいかもですね!」なんてさらっと言ったりしました。



(このね、「占い師さんの何気ない一言」ってけっこう重たかったり重要だったりするんですよね(笑))




場所については、思いつく限りのお話をして…

あとは時間。

これはけっこうわかりやすいので助かりました。



翌日の午前中、です。

(なぜでしょうかね〜壁]ω・)ニャ)


「必ず明日の午前中に、ノートを探すようにしてください」
「一度探したはずの場所から出てくる可能性が高いです」
「必ず出てきます、大丈夫ですよ」とお伝えしました。

ーーー

そして次の日。


無事に午前中にノートが見つかったと、ご報告のメールを頂きました。

ありがとうございます!(`;ω;´)

よかったですねぇ〜!!!


あった場所は、

なんと同僚さんの机の上。




朝出勤した時に、"二つ"となりの同僚さんの机の上に「ペットボトルが2本」置いてあるのが目に入ったそうです。

そのときはちょっと「あー、お茶が二本あるなぁ、そんなに飲むのかな?」程度だったそうです。



それから時間ほどたって、11:45ごろ、

そのペットボトル2本の同僚さんの、さらに隣の机の上に、

なぜかノートがポンっと置いてあったそうです。(笑)



この、ノートが置いてあった机の後ろには、

イベント用の大量のペットボトルと、カップ麺が置いてあったそうです。



あぁ、丑(土)ってこのことか〜!!!!!


冷蔵庫や水回りとばかり思ってましたが、

確かにカップ麺は丑(土)っぽい!!!!(笑)



ということで、

また一つ、現代ならではの十二支のイメージが身に付きました。

丑(土)はカップ麺!!( ✧Д✧) カッ!!(笑)




ちなみに、ノートが置いてあった机の持ち主さんは、

ノートのことなんてまったく知らなかったそうです。


ノートがすっと消えて、ふっと現れたりするのかっ…!?


…ありますよね、そういうこと(笑)

なんでこれがこんな場所に?みたいな。(笑)




いやぁ、見つかって良かったですね!!!

勉強させていただきました、ありがとうございました!!m(_ _"m)ペコリ


断易楽しいなぁ…∠( ゚д゚)/


【断易占例】余計なお世話…?

その日はいつものように、いそいそと喫茶店で日課の占いをしていました。


隣の隣に座った、サラリーマン風の男性が、

ずーっと店内で、今晩の宿を探して電話をかけまくっていました。


30分ぐらいずっと電話をあちこちにかけていたので…

流石に不憫に思って、手元の端末でちょろっと検索してみたところ、

少し離れたところに、お手頃価格のホテルが見つかりました。



ただ、流石に見知らぬ人にいきなり声をかけるのも…ねぇ…(笑)



ということで、念のため断易でみてみました。

雑な画像で失礼!(^_^;)

余計なお世話


月建;辰

日辰;壬戌

子丑空亡

巽為風→山風蠱



世爻と応爻が冲。
(しかも卯酉の冲。笑)

動爻が日辰から見て墓に入っている…。

墓を無視しても、「父母(用神)」の空亡へと化する。


あっれ?
これたぶん、余計なお世話のパターンのヤツや!!(笑)

と思いまして、

声をかけるのはやめました。(笑)


ーーー


しばらく様子をこっそり伺っていたところ…


なんとか予約がとれたご様子のオジサマ。

続けざまに、どうやら今度は知人に電話をかけはじめまして…。


なんと、探していたのは自分の宿ではなく、

別の人のためのお宿だったみたいです。

しかも、泊まる本人からのNGが出たらしく、

せっかく抑えた部屋も、すぐにキャンセルして、喫茶店を出て行かれました。


(大きい声で電話してたので、会話が全部丸聞こえなんです、すみません。笑)



あぁ、父母(部屋)が空亡になるとはこのことか…(笑)



ということで、

断易先生のお陰で、余計なお世話をぶちかまさずに済みました、

というお話でした。(笑)

【断易占例】掴め!公衆無線LAN!

このブログのどこかに、

スマホにしていいかどうか、みたいな占例も残っているのですが…(笑)

紆余曲折ありまして、

結局スマートフォンを使っております。


最大手のDoc●moさんのをもうずっと使っているのですが…

ちょっとしたプランで、Do●omoさんの公衆無線LANもいっしょに契約できるんですね。


そうすると、スタバやいろんなところで、その公衆無線LANが飛んでいると、

Wi-fiに接続して、パケットを節約して動画見まくったりできるわけです。


たまーにぶちっと回線が切れる事があるので、

FXなんかやるとマズいのですが(笑)

普通に使う分には申し分ない、ありがた〜い施策です。






ところが先日、

それまで普通に繋がっていた、どのお店にいっても、

その公衆無線LANの電波を、端末がキャッチすらしてくれなくなりました。


スマートフォン、PC、共に…。



電波一覧には表示されるのに、

まったく掴んでくれないのです。



これは面白い現象だけど、

なぜかちょっと損した気分。(笑)




その状態で2日続いたので、

これはちょっと断易先生にお尋ねしてみようと!


昨日、占ってみました。



「公衆無線LANと再び接続できるか?」


月建:卯(木)

日辰:丁酉(金)

空亡/辰巳


火地晋→火山旅

wifi火地晋→火山旅



ちょっと見づらくてごめんなさい(笑)


動爻がランダムになるように立卦したのですが、

動いたのは一カ所だけ。



「通信できるようになるか?」をみたいですので、

用神は父母爻
としました。


たまたま応爻になってみたいですが、

応爻の父母・未(土)。

ここが用神





これは一目瞭然、安心しました。(笑)



ーーー


用神を父母ととると、

「父母」を生じる爻…「子孫」が“原神”(助けてくれるイイヤツ)

「父母」を剋す爻…「妻財」が“忌神”(剋してくるヤなヤツ)

と、自動的に決まってしまいます。


用神は占った時空からみて弱く、

原神である官鬼・巳(火)が空亡。


そうだね、こりゃ通信できないね(笑)


動爻になったのは、忌神のみ。


一見悪そうですが…


私はこれ、

「また通信できるようになる」と判断しました。



よく見ると、忌神の卯(木)は、日辰から剋、

さらに回頭剋になっていて、

全然大した事ないのです。


むしろここが動いてくれたおかげで、

空亡の原神を生じてくれて、バランスがちょうど良いのでは…?と思いました。



あとは、応期。

“いつそれが実現するか”です。
(通信出来るようになるか)


ーーー

ワタシ、この卦を見て、

「申日」が応期では?と思いました。



占ったのが「酉(金)」日で…

なぜそう思ったのか未だにわからないのですが、

翌日を「申(金)」日だと勘違いしまして(笑)


「うん、明日には元通りになる!」と判断しました。(笑)


もしくは空亡開けのどちらか。



ーーー

そしてその結果。


翌日の戌(土)日(今日なんですけどね。笑)に、

その占った公衆無線LANからこのブログを更新しています(笑)



申日、という読みは華麗に外れましたが、

翌日、とピンときたその読み(?)は合っていました(笑)


これは当たりの成績に入れていいんだろうか…(笑)


いやぁ、占いは楽しいですねぇ…∠( ゚д゚)/


【金口訣占例】OH!板挟み!

さて、ひさっっっっっびさの金口訣ネタをっ!


私のよく知る人物が、どうも最近元気がなかったそうで。

そんなこと全然知らなかったのですが、

ある日、本人から初めてヘルプのメールが飛んで来ました。

普段そんなこと絶対にしない人なので、驚きまして(笑)


そのときは、メールを返して終わったのですが…

どうにも事情を聞くとまぁ大変。

聞いてるこっちが胃が痛くなるような、

ザ!人間関係!

YES!板挟みでどうにもならぬ!!

とのこと。




なにやら、上の人間は、あるイベントを「5回」やるぞ、と。

同僚の人達は、「アホな事言うな、せめて4回か、なんならゼロ回じゃ!」


という主張の狭間に立っている
そうな。


上の人間からは毎日呼び出しを喰らって、5回の言い分をなぜ通さないんだとグチグチ。

同僚からは(以下略



ふむふむ。


ぐらしか!!!(`;ω;´)

※鹿児島弁で「かわいそうに」の意味。



本人に頼まれた訳ではないのですが、

その知人のことが本当に心配だったので

ここは伝家の宝刀金口訣で、

今後の展開と、いつ落ち着くのか、

知人は大丈夫なのかと、占ってみました。


「現状と、今後について」

乙未年 戊寅月 癸酉日 己未時

戌亥・水行空亡

水の五行が空亡になるのは、金口訣独自の神煞(しんさつ)です。
断易では使用しません。



人元:辛(酉) 相
貴神:壬戌 ●旺
将神:癸丑  旺
地分: 酉  相



用爻●が、知人本人です。


人元と地分が同じ酉(金)、

人元と地分が同じ五行なのは「兄弟(けいてい)動」。

兄弟といえばそう、人間関係。


用爻からみて上の酉(金)と、
下の酉(金)が刑(自刑)になっていがみ合っております。


用爻は、

戌→空亡、
壬→空亡(神煞)

でして(笑)


為す術無く、へろっへろの状態でございます。


ただ、戌(土)は、占った日付から見て「天羅(てんら)」という…

時代が時代なら、大凶まっさかりでして(笑)

これは空亡でよかったパターン!!




ふむ。

聞いていた通りの形ですね。



用爻戌は、年支の未に刑され、

月建の寅に剋され、

ちょうど節分あたりからこの件が激化したことと思います。
(合ってました)


将神丑からも刑されていますので、

どうやら板挟みと言うよりは、孤立無援に近いかなと。



地分の酉(金)には、「門」の象意がありまして、

解決の糸口を、二つの土が塞いでしまって、

突破口が全く見えない状態です。




ところが、

空亡とはいえ、

用爻は旺、

課にも旺相しかなく、


さらに貴神は上の人元を生じて、

将神丑は下の地分を生じて、


金口訣六十四課の「分局相生課」に似ています。

「道が分かれて、お互いに上手くいく」象
ですな!



課体が旺相であり、分局相生。

土の五行が二つあって、一見解決が遅いように見えますが…

片方の戌(土)は空亡なので、実際バランスは良い課なのですねぇ。



あれ?

意外とあっさり解決するんでね〜の!?



と思いました。


何より、空亡ですが、用爻が旺なのは嬉しかった。


あぁ、この人は大丈夫なんだと本当に安心しました。(笑)




さて、ではいつ解決するか。

そして、四回なの!?五回なの?!という問題。



上の人間が、絶対に5回やるぞ!と言っているのですが…



ここで、元の課から人元再遁して「次の場面」を見てみましょう。



丁(巳) 旺
戊戌 ●相
己丑  相
 酉  死



おっ!

問題の出発地点、酉(金)が死!(笑)

※これは実際に死ぬなどではなく、エネルギーがなくなるということです。



人元→生じる→貴神(空亡)・将神→生じる→地分

と、上から順に地分まで生じている、

これまた金口訣六十四課のひとつ、「覆孟相生課」に似ています。


これは大丈夫だ、と確信。(笑)



占いの判断は旺から始めたりもするのですが、

旺は人元。

ここは、「顔」という部分で、実際の事の有様を見せてくれたりもします。


そうすると、

人元は旺の「丁」です。


ちょっと理由はあまり詳しく言えないのですが(笑)

課を見ても、5回か4回かで言えば、

4回だと思いました。



まさかの「上の人間が折れてくれそうだ」、という判断。



実際の応期として、いつ頃かと言えば…

元の課に戻って、


酉(金)を塞いでる「丑(土)」が弱るタイミングかな?と思いました。

今月の寅(木)月か、来月の卯(木)月、遅くても辰(土)月にはこの話は解決する、と読みました。




そこまで判断して、とりあえず本人にメールしました。


たぶん来月には四回で解決するから、

全力でスルーしてていいですよ、と。(笑)



その数日後、

なんと乙亥日丁亥時に、本人からメールが返って来まして…


「自分は何もしてないんだけど、偶然が重なって、四回で解決しそう…」
「いままでのアレはなんだったんだーヽ(`Д´)ノ」

とのことでした。


一体なぜ亥の日だったのか、

今でもちょっとよくわからないのですが

(金口訣の応期は本当に難しい…)

思ってたよりずっと早く解決して本当に、本当によかったです。


モメてたそのイベントは、

まさに戌の月から始まりそうとのことです。


占いとは、本当に面白いですなぁ…∠( ゚д゚)/

プロフィール

Taiki

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR