【金口訣占例】OH!板挟み!

さて、ひさっっっっっびさの金口訣ネタをっ!


私のよく知る人物が、どうも最近元気がなかったそうで。

そんなこと全然知らなかったのですが、

ある日、本人から初めてヘルプのメールが飛んで来ました。

普段そんなこと絶対にしない人なので、驚きまして(笑)


そのときは、メールを返して終わったのですが…

どうにも事情を聞くとまぁ大変。

聞いてるこっちが胃が痛くなるような、

ザ!人間関係!

YES!板挟みでどうにもならぬ!!

とのこと。




なにやら、上の人間は、あるイベントを「5回」やるぞ、と。

同僚の人達は、「アホな事言うな、せめて4回か、なんならゼロ回じゃ!」


という主張の狭間に立っている
そうな。


上の人間からは毎日呼び出しを喰らって、5回の言い分をなぜ通さないんだとグチグチ。

同僚からは(以下略



ふむふむ。


ぐらしか!!!(`;ω;´)

※鹿児島弁で「かわいそうに」の意味。



本人に頼まれた訳ではないのですが、

その知人のことが本当に心配だったので

ここは伝家の宝刀金口訣で、

今後の展開と、いつ落ち着くのか、

知人は大丈夫なのかと、占ってみました。


「現状と、今後について」

乙未年 戊寅月 癸酉日 己未時

戌亥・水行空亡

水の五行が空亡になるのは、金口訣独自の神煞(しんさつ)です。
断易では使用しません。



人元:辛(酉) 相
貴神:壬戌 ●旺
将神:癸丑  旺
地分: 酉  相



用爻●が、知人本人です。


人元と地分が同じ酉(金)、

人元と地分が同じ五行なのは「兄弟(けいてい)動」。

兄弟といえばそう、人間関係。


用爻からみて上の酉(金)と、
下の酉(金)が刑(自刑)になっていがみ合っております。


用爻は、

戌→空亡、
壬→空亡(神煞)

でして(笑)


為す術無く、へろっへろの状態でございます。


ただ、戌(土)は、占った日付から見て「天羅(てんら)」という…

時代が時代なら、大凶まっさかりでして(笑)

これは空亡でよかったパターン!!




ふむ。

聞いていた通りの形ですね。



用爻戌は、年支の未に刑され、

月建の寅に剋され、

ちょうど節分あたりからこの件が激化したことと思います。
(合ってました)


将神丑からも刑されていますので、

どうやら板挟みと言うよりは、孤立無援に近いかなと。



地分の酉(金)には、「門」の象意がありまして、

解決の糸口を、二つの土が塞いでしまって、

突破口が全く見えない状態です。




ところが、

空亡とはいえ、

用爻は旺、

課にも旺相しかなく、


さらに貴神は上の人元を生じて、

将神丑は下の地分を生じて、


金口訣六十四課の「分局相生課」に似ています。

「道が分かれて、お互いに上手くいく」象
ですな!



課体が旺相であり、分局相生。

土の五行が二つあって、一見解決が遅いように見えますが…

片方の戌(土)は空亡なので、実際バランスは良い課なのですねぇ。



あれ?

意外とあっさり解決するんでね〜の!?



と思いました。


何より、空亡ですが、用爻が旺なのは嬉しかった。


あぁ、この人は大丈夫なんだと本当に安心しました。(笑)




さて、ではいつ解決するか。

そして、四回なの!?五回なの?!という問題。



上の人間が、絶対に5回やるぞ!と言っているのですが…



ここで、元の課から人元再遁して「次の場面」を見てみましょう。



丁(巳) 旺
戊戌 ●相
己丑  相
 酉  死



おっ!

問題の出発地点、酉(金)が死!(笑)

※これは実際に死ぬなどではなく、エネルギーがなくなるということです。



人元→生じる→貴神(空亡)・将神→生じる→地分

と、上から順に地分まで生じている、

これまた金口訣六十四課のひとつ、「覆孟相生課」に似ています。


これは大丈夫だ、と確信。(笑)



占いの判断は旺から始めたりもするのですが、

旺は人元。

ここは、「顔」という部分で、実際の事の有様を見せてくれたりもします。


そうすると、

人元は旺の「丁」です。


ちょっと理由はあまり詳しく言えないのですが(笑)

課を見ても、5回か4回かで言えば、

4回だと思いました。



まさかの「上の人間が折れてくれそうだ」、という判断。



実際の応期として、いつ頃かと言えば…

元の課に戻って、


酉(金)を塞いでる「丑(土)」が弱るタイミングかな?と思いました。

今月の寅(木)月か、来月の卯(木)月、遅くても辰(土)月にはこの話は解決する、と読みました。




そこまで判断して、とりあえず本人にメールしました。


たぶん来月には四回で解決するから、

全力でスルーしてていいですよ、と。(笑)



その数日後、

なんと乙亥日丁亥時に、本人からメールが返って来まして…


「自分は何もしてないんだけど、偶然が重なって、四回で解決しそう…」
「いままでのアレはなんだったんだーヽ(`Д´)ノ」

とのことでした。


一体なぜ亥の日だったのか、

今でもちょっとよくわからないのですが

(金口訣の応期は本当に難しい…)

思ってたよりずっと早く解決して本当に、本当によかったです。


モメてたそのイベントは、

まさに戌の月から始まりそうとのことです。


占いとは、本当に面白いですなぁ…∠( ゚д゚)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taiki

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR