【解答編】取り寄せの本が届くのはいつか?

はい!

前回の記事で立てた例の結果がでました!


読んでいた応期より2日早く…

丑の日、申刻に連絡が入り、

同時刻内に手に入りました。(すぐ取りにいきました。笑)



思ってたより早く手に入ったのはとても嬉しかったのですが…

問題は、先日の卦です。


もう一度見てみましょう。


「取り寄せた本が届くのはいつか?」


月建:酉(金)、日辰:戊戌(土)、空亡辰巳

風地観→風雷益


風地観雷風恒




うーむ。

いや確かに…

初爻の変じた先(変爻)が「子(水)」なのは妙だなぁと思っていたんです。
(後出し。笑)


子未の相害とはいえ、世爻(ワタシ)が、ターゲットを剋していて

悪くはないんですね。

ちゃんと理解できるんだろう、と。


ただ、「物が手に入る様子(象)」ではないなぁ、と。



でも書店に注文したんだし、

発売して本当に間もないので、「手に入らない」ということは、常識ではあり得ない。


なので、「その本がいつ空間に現れるか」を読んだつもりだったんです。

前回の記事では、「出て来れない」という言い方をしました。


ーーー

実は私、断易に関しては本やネット上の情報から得た知識と、

あとはひたすら実占の経験のみでここまでやってきました。

(最近の僕の断易は、金口訣っぽくなってきていますが…)



ご縁があって、実際にお会いできた方のブログは今でもよく読ませていただいております。


榎本惺心さまのブログ「五行易普及委員会」はその一つで、

そこでも例を掲載されていたのですが…

今回の卦は「物来りて我に就く」パターンだったのか、と思いました。


ただですね、

理屈はわかるんですが、「卦に丑が出て来てない」のが!(`;ω;´)(笑)

これは正直、読めなかったです。



確かに丑(土)に六親五類を当てたら「父母」になりますし、

強い世爻を冲して、「物来就我」が成立します。


それでようやく、「何かを手に入れる象」が完成するんですね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taiki

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR