【手順1】コイン3枚で易を立てよう

どう書こうかと悩んでいるうちに、

時間がどんどん過ぎてしまいました。


おかげさまで、今月、午(火)の月に入ってから

なぜか占いのご依頼が倍ぐらいに増えまして…

ありがとうございます!


ブログ書けなくなるほど忙しくなる前に(笑)

書けるだけ書くよ!!



〜〜〜

本来、易というものは

非っっっ常〜〜に神聖なモノ、とされています。


そして、

最も「正しい」やり方としては、

筮竹(ぜいちく)と算木(さんぎ)を用いて、

(街角で、棒をじゃらじゃら持ってるあの占いですね)

八卦を引き出してから

いろいろと判断する、というものです。




実は、このやり方については僕もよくわかっていません(失礼)


けど、そういうモノだ、ぐらいは知っておいた方がいいです。



そして、易は「神さまとの交信である」とされていること。


最初は僕も、

神様のことなんて忘れてただ楽しく易を立ててましたけども(笑)

たくさんの人を鑑定させて頂くうちに、

自然と認識してしまいました。


神様、いるなぁ、って。(笑)



ここでの神様というのは、

世の中一般で言われていたり、特定の宗教での神様とはちょっと違います。


ですので、

誤解を生まないよう、

世の中の全ての神論・神を否定、冒涜する意図は持ち合わせておりませんし、

いかなる宗教・団体とも関わりがないことを明記しておきます。




みなさんも、数をこなしていけば必ず感じると思います。

「神さまに答え教えてもらってるんじゃ…?」って。(笑)


僕なりの「神様論」は、

スピリチュアル専用ブログ「ゆる〜く、ね。」にて展開中です。(笑)

ご興味のある方、合わせてご覧くださいませ!(笑)




〜〜〜

とまぁ、知ってて損はしない情報をゲットしたところで、

次です☆




もっとシンプルで簡単に、

コイン3枚で易を立てることができます。

投銭法、としていろんな易の本にも

このブログで教科書としてるマーフィー本にも載っていますね。



ではここで、

もう一度おさらいです。



コイン三枚を使って易を立てるときは、

必ず同じ種類のコインを3枚そろえること。



中国の古銭は真ん中に穴が空いていたそうです。

そして、現代の日本でも真ん中に穴の空いたコインが二種類。


少し重さがあった方がいいので、

僕は断然50円玉をおすすめします。



もちろん10円や100円でも構わないのですが、

なんとなく、やっぱり穴があいてるほうが

「陰陽思想」っぽいなぁ、と。(笑)


表が陽、裏が陰、

穴が陰陽では決して捉えきれない神様の領域、みたいな。(笑)



〜〜〜


さて、ここから実際に、3枚のコインを使って、

易を立てていく「手順」をご紹介します。

ここでは50円玉を例にとってお話しします。




まず一番最初に、「易を立てる」というアクションの全ての流れを書いておきますね。



1・【共通】50円玉×3枚を用意する。

2・【共通】A4サイズぐらいの紙やノートを用意する

3・【共通】コインを振るのを6回繰り返して、6爻(こう)をメモすることで「卦(か)」を得る。(64パターンあります)

4・【断易のみ】出て来た卦を装卦・そうか(納甲・なっこう)する=6本の爻に十二支などのデータを割り振る

5・【断易のみ】占った日時(月建、日辰)、卦(か)の中の割り振られたデータによりいろいろと判断する

6・【共通】コインを振ったことで得られた卦から、さらに別の卦を引き出す(互卦、裏卦(錯卦)、綜卦)

7・【周易】全ての卦を、その卦の絵柄が持つ意味で判断する

8・【共通】全部トータルして、こういう「流れ」ですよ、という話になる




「50円玉×3枚を振る」アクションを、

6回繰り返し、易に用いる卦(か)を得ます。

コレが、「易を立てる」最初の一歩にして

実は行動としてはこれで50%ぐらい完了です。


コインの、「(算用数字で)50と書いてある方が表」、

「お花の絵柄のある方が裏」です。


そして、

「50=表=2point(偶数で陰)」

「花=裏=3point(奇数で陽)」と覚えましょう。


これは覚えるしかないです。(笑)



そして、

3枚のコインを振って出た、表と裏の合計ポイントが、

爻(こう)の陰陽を決めます。



つまり、

(表、表、裏)なら、(2点+2点+3点)で「計7点=奇数=陽!」

(裏、表、裏)なら、(3点+2点+3点)で「計8点=偶数=陰!」


そして、

この占いで超大事なのが、

3枚とも同じ面が出た時

表が3枚なら「めっちゃ陰!!」=「老陰」

裏が3枚なら「めっちゃ陽!!」=「老陽」


ということですね。


断易であれば、「発動する」ということになり

周易であれば、「ここにメッセージがあるよ!」ということになります。




〜〜〜

とまぁ、

どわーっと書いてみました。

あんまり一気に書きすぎてもアレなので、

今日はここまで!(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

Taiki

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR