スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【断易の基本】五行!-もっかどごんすい-

どうも、みなさまこんにちは。

ブログを放置して一ヶ月以上経ってしまいましたw

申し訳ございません。

えへへ。(かわいくすれば許されると思っている)



さて、前回の十二支と十干の話で、

ちょっとだけ訂正させてください。


十干には五行がない、と書いてしまったのですが

本当は五行を持っています。


木の兄(きのえ)→甲(きのえ)

木の弟(きのと)→乙(きのと)

火の兄(ひのえ)→丙(ひのえ)





といったように、それぞれ五行を持っています。

が、断易では“とりあえず”この五行は使いません。



一体何に使うのかといいますと、

空亡と六獣を出す為に使います。

この辺はまた後で触れようと思います。




とりあえず、断易での判断において、

十干の五行はあまり見ない
、ということです。

謹んで訂正いたします。

申し訳ございませんでした。


ーーー



と、いうことで

今日は五行の話です。


断易は別名五行易というぐらいですから、

基本にして奥義、ですな!(笑)



易の思想や歴史など、

僕もまだまだ研究しなければならないところなのですが、

まずは「とりあえず判断できるようになる」という目的達成のために、

とりあえず必要な部分だけかいつまんでいこうと思います。


ーーー

もっかどごんすい、という言葉を聞いた事がありますか?


木、火、土、金、水。

これで「もっかどごんすい」と読まれています。


そう、この五つの属性、これが「五行」です。

んで、やろうとしてるのは五行易なので、

森羅万象を、五つの属性(と十二支=五行はそれぞれ固定)で説明しちゃおう、ということです。



ーーー

そこで出てくるのが、

陰陽五行論と、

五行の相生(そうしょう)・相剋(そうこく)です。



陰陽五行論は、

古代中国の「陰陽思想」と、

中国の戦国時代の「五行思想」が一体になったものです。



古代中国の陰陽思想は、あらゆるもの陰と陽の二つにわけちゃおう、という思想です。(超ざっくり)

男と女、右と左、天と地…などなど。

ちなみに、この陰と陽は常にぐるぐる循環しており、

止まる事はないと考えています。

止まる時、それは世界が終わるときです、たぶん。(笑)


陰は、マックスまで行けば必ず陽へと転じます。

陽も、マックスまで行けば必ず陰へと転じます。


これが、

コインを振った時に、同じ面が三枚揃ったところですね。

(老陰→陽へ変化する)



この、陰だ陽だの二元論に、

木火土金水の「気質の流れ」が加わった、
ということですな。


ーーー


要は、五行の相生・相剋を把握しないと断易できないんです、って話です。



で、この相生、相剋とは何ぞや?というお話ですね。



木は火を生じます。

火は土を生じます。(燃えて灰が出来る)

土は金を生じます。(金属は土の中から出てきます)

金は水を生じます。(結露して水ができます)

水は木を生じます。(水は木を育てます)




これが五行の相生です。




一方、

木は土を剋します。(土から養分をとる)

土は水を剋します。(水を吸ってカタチをなくします)

水は火を剋します。(水は火を消します)

火は金を剋します。(火は金属を溶かします)

金は木を剋します。(金属は木を切り倒します)



これが、五行の相剋です。



ーーー

この相生相剋を、文字で表すと

火生土、火剋金、

とかなっちゃって、この時点でヒィイイイとなります。(笑)


なので、ここはやはり図で覚えるべきですな!


Wikipediaにナイスな絵がありましたので、

このリンクから飛んで確認してみてください。



ちなみに、この剋の関係ですが、

絶対ではありません。


例えば、土が水を剋する場合。


土に対して水が少なければ、土は水を吸って「剋」します。



ところが、大量の水に対して、土が少ししかなかったらどうでしょう?


本来土が水を剋すはずが、逆に水が土を飲み込んでしまいますねー。



これを「反剋」といいます。


断易で見て行く時にも、知っておいて損はしない考え方です。


ちょろっと知っておいてくださいね。


ーーー


さ、ここまで大丈夫ですか?



1、コインを振って卦を出す、

2、それぞれの線(爻“コウ”といいます)に十二支を割り振る、

(ここの当て方も在りますが、まずは断易奥義様の一覧で!)

3、十二支には固定の五行があるので、それぞれの五行のパワーの状態を見ればある程度ものが言える、


ということですね。



では、その「それぞれの爻(こう)のパワーの状態」をどうやって判断するの?と言う部分ですが、

それが、「暦」によって決まります。


何の月、何の日なのかを、コインを振る前にメモっといてね、というのはこういうことだったんですねー




ーーー


さー、ということで、今日はここまで!

次回更新がいつになることやら…(笑)

ありがとうございました〜!
スポンサーサイト

【断易の基本】十二支と十干〜What time is it NOW?〜

さてさて、

前回までが、六十四卦の出し方でした。


○コインを振って得られる本卦。



同じ面が三枚出た場合には、その爻(こう)が変化するので…

○変化した先の変卦。



変卦があればそこから、なければ本卦から引き出せるのが

○内側に潜む互卦(ごか)




本卦の陰と陽を単純に逆にすることで得られる、

○裏を返せばどうなるか、という裏卦(りか)



本卦の天地をひっくり返すことで得られる、

○神さまの目線である綜卦(そうか)




以上、最大5種類です。


もしかしたら、もっと引き出し方が在るのかもしれませんが

そこはまだ研究中です☆




とりあえず断易的に吉凶を判断する為に、

最低限見なければならないのは、

コインを振る事で得られる二つの六十四卦。


本卦と変卦です。



この辺りは、教科書指定させていただいてます、

マーフィーの本と全く同じです。



マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)
(2002/08)
ジョセフ マーフィー

商品詳細を見る




ーーー


さてさて、

ちょちょっと復習したところで、

断易の内容に入って行こうと思います。



先ほどは、わかりやすく「吉凶を判断する」と書きましたが、

個人的な感想としては、吉とか凶とか、っていう部分すら、

判断の一部かな?と思います。



吉であれば、基本的にこのままの方向性で進めばいいのですが

やっぱり油断したり調子に乗ったらダメよ、という場合もあります。


凶であっても、そこを乗り越えさえすれば後はお望み通り、という場合が殆どです。



つまり、てぃも式易占いっていうのは

大抵の場合において超前向きです。(笑)


へへへ☆



時期によっては、今は手を出さない方がいい、

とかはよくあります。

待ってる間にやることあるんじゃない?って話になるだけで

結論としては手に入る、ということですから。(笑)



そして実際、その通りになった、とか

過程はいろいろあったけど、結果はウマくいったよ!

というご報告をたくさん頂いています。

ありがとうございます。



ーーー

なんかちょっと話がそれました。(笑)


ではでは、実際に断易で判断する時に、

何をどう見たらいいのか、というお話に入って行こうと思います。



が、やっぱりその前に知らなければならないことがいくつかあります。




今日はその一つ。



暦と十二支と十干(じゅっかん)について。



要は、占ったタイミングの話です。



ーーー

断易は、占ったタイミングがものすごく重要です。


つまり、コインを振ったのが何月何日なのか、ということです。


その、「何月何日」というのは、

普段我々が使っている「6月22日!」とは違います。


2012年6月22日は、

断易で使う中華農民暦でいうと

「午月 甲寅日」です。



えっと、「ウマの月、きのえトラの日」と読むのかな?

読み方はお任せします。(笑)



そのうち自分で暦を用意します。

それまではちょっと他のサイト様のデータをお借りしまして…

「断易奥義」様のこのページをご覧下さいませ。




見れましたか?

このように、

僕たちが使っている暦とは、月の区切りが違うんですねー。


日本の風習でもありますよね、「節分。」

そこが、月の区切りでもあり、

年の区切りでもあります。



ちなみにこの断易奥義さまのカレンダーで、

青くなっているところ。


これは、その日に何かが在るというわけではなく、

おそらく「空亡(くうぼう)」の目印なんだと思います。


ま、この辺もおいおい触れていきます☆


ーーー

十二支と、十干(じゅっかん)の二文字の組み合わせが、

その日を表す、ということです。







ちっと知識的なことを今日は書きますね〜




立てた易の6本の爻(こう)にも、もちろん十二支が割り振られます。

が、この暦の部分の十二支は、

ちょびっとだけ違う意味を持ちます。




暦としての十二支を、地支(ちし)とも言います



つまり、地=地球の持つパワーの属性の事
です。



一方、十干(じゅっかん)のことを天干(てんかん)とも言います。

そう、天=宇宙の持つパワーの属性のことなんです。



そして、コインを降って得られた6つの爻。

これが人(じん)にあたるのかな?

宇宙や地球からみたらほんの些細な「部分」です。(笑)


ということで、影響力として最大なのは「空間の持つパワー」なんですね。



これが、地支と天干。

つまり、

日付としての十二支と十干のことです。





「天干(十干)の五行」は断易の判断ではほぼ使用しません。



そのかわり、空亡(くうぼう)と、六獣(りくじゅう)を決めるのに必要です。

(この辺はおいおい)




天干はトータルで10コです。

この順番でずーっと繰り返すだけです。



甲(コウ・きのえ)

乙(オツ・きのと)

丙(ヘイ・ひのえ)

丁(テイ・ひのと)

戊(ボ・つちのえ)

己(キ・つちのと)

庚(コウ・かのえ)

辛(シン・かのと)

壬(ジン・みずのえ)

癸(キ・みずのと)



です。






十二支は、それぞれ固定の五行を持ちます。

これはもう、覚えるしかないです。


易をたくさん立てて、書いてるうちに覚えるとは思いますが

一応だだっと書いておきますね。


子(水)

丑(土)

寅(木)

卯(木)

辰(土)

巳(火)

午(火)

未(土)

申(金)

酉(金)

戌(土)

亥(水)





です。


ふふふ、大丈夫ですか?(笑)



しかもこの十二支の動物達…

それぞれ仲が良い動物と、(相合)

ハジきあってしまう動物がいます。(相冲)


さらに、一匹ずつ必殺技も持っています。(十二運)

さすが十二支ですね。



ーーー


だから、断易をやるときには、

コインを振る前に


「何月何日か」をメモしておかねばなりません。



2012年6月22日なら、

「午月 甲寅日」

(括弧の中は十二支の持つ五行です)


2012年8月10日なら

「申月 癸卯日」


といった具合ですね☆







ということで、


今日はここまでー!!



次回更新はいったいいつになるやら…(笑)

またお会いしましょう☆
プロフィール

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。