【解答編】預かったノートはどこ…?【断易占例】

みなさま、こんばんは。

急に冷え込みましたね。
体調等くずされておりませんか?(;・∀・)

先日の不思議な卦の結果を、
満を持して(?)書いて行こうかなと思います。


最大のヒントは「返したかどうかわからない」という依頼主様のセリフでした。
これがなければ、わからなかったと思います。(笑)

ーーー

「預かったノートは出てくるか?どこにあるのか?」


月建:卯(木)
合:戌(土)
冲:酉(金)

日辰:己亥(水)
合:寅(木)
冲:巳(火)

辰巳空亡



坎為水(動爻なし)

KANISUI.png



用神は、四爻の青龍・父母申(金)。

ここで合っているかと思います。

そうすると、
おそらく世爻が依頼主様、
応爻がもともとのノートの持ち主かな…と。



用神申(金)は、
月建卯(木)を剋し、
日辰亥(水)を生じて、
あまり力がありません。


用神を支える原神…
土の五行の十二支も同様に弱く、
空亡だったりします。


ただ同時に、
忌神もである火の五行も…
ギリギリそんなに強くないし…



うーん…


動爻なし…


うーん…(笑)



これは困った。(笑)

いくらなんでも微妙すぎる。(笑)


そして一見、
「ノート、出て来ないんじゃね?(;・∀・)」って思いたくなる卦ですね。(笑)

ーーー

落ち着いて、もう一度見てみましょう。

用神は弱い。

けれども、

世爻を生じながら、水局三合の関係にもなっています。


救いがあるとしたらココだ!( ✧Д✧) カッ!!



そして、
こういうときこそ要注意、

暗動と合起暗動。


(月建からみて五行が強い(弱くない))十二支が、
日辰と合になったり冲になったりすると、

暗動するんですよねぇ。


初爻・子孫・寅(木)がまさに、
合起暗動しています。


木の五行が動いて、
火を生じるか、
土を剋すか、
または寅(木)が申(金)を冲するか。


動かないものが動くとき、
たいてい冲だものなぁ…。

寅(木)が申(金)を冲してくれたら、
ギリギリ出てきそうだな…?

そう思いました。

さて、どこにあるのやら…(;・∀・)

ーーー
ここでひっかかったのが、
依頼主様の
「探してもでてこない」
「返したかどうか、わからない」
というセリフ。

ここまでの思考の流れで、
ふと思いました。

「(依頼主さまが)相手にノートを返したの忘れてる可能性あるな…」

用神の父母爻は確かに外卦にあるのですが、
世爻応爻で言えば、
「近い」のは応爻の方です。

さらに、暗動した寅(木)から生じられた応爻・午(火)が、
用神を剋しています。

剋、というのは一概に悪いとは言い切れないんですよね。

相手の形を変える作用が剋だと思っていますので、

もしかして、普通にいま元の持ち主が持っていて、
バリバリ使っているのでは?(笑)

と思いました。


ですので、

空亡が変わるまでの数日間探してみて、
それでも出て来なければ、相手が持っていると思います、

とお返事いたしました。


ーーー
それから何日か経って、

依頼主様からご連絡いただきました。

「元の持ち主と会う機会があって

超ドキドキでしたが

普通に相手が、例のノートを持っていました…!」

とのことでした。


二人が会ったのがなんと、
申(金)の日。

易ってのはとても面白いなぁ……と思った次第です。(笑)


ーーー

易の卦を一爻ずつ立てる場合、

下から順に積み上げて行きます。


初爻から順に、時系列そのままだったりすることがあるんです。


初爻が暗動→応爻を生じ、

応爻は用神を剋し、

そして用神は世爻(上爻)を生じる。


言われてみたら確かに、

「最初から相手のところにある」卦といえば…


まぁ確かにそうとも…言える?かな?(笑)


ーーー
あとは個人的な感想ですが、

納甲する前からすでに

「あ、坎為水。
出てきそうだな?」

というイメージはありました。(笑)


坎為水はこのブログにも別の占例があります。

四大難ありの卦、なんて言われたりしますが…

個人的には別段そうは感じた事がなく、
むしろ結果オーライのことが多いです。



さらに、
ちょっとここ数年の研究(?)で、
ちょっと卦の書き換えをしてみたりすると、

ばっちり応爻の側に用神が行きます。


こうやって経験からのウラ取りみたいなことができるようになってきて、
易ヲタ道もちょっと深いところに来れたかな?

なんて思ったり、

思わなかったり。(笑)
スポンサーサイト

【問題編】【断易占例】預かったノートはどこ…?

みなさま、こんばんは!

お元気ですか!!!!(笑)

超久しぶりの更新でございます。


はい、生きてます、

なんとか生かしていただいております!(笑)


さて、先日面白い…と言いますか、

不思議な占例ができましたので、

ブログ掲載の許可を頂いてきました。


ーーー
依頼主の方曰く

「預かった小さいノートが、探しても探しても見つからない」
「本人に返したかどうか、覚えていない」
「そして、返したかどうかを、本人にあんまり確認したくない…!」

とのこと。(笑)

そりゃ大変ですね、易ってみましょう!( ✧Д✧) カッ!!



「預かったノートは出てくるか?どこにあるのか?」


月建:卯(木)
合:戌(土)
冲:酉(金)

日辰:己亥(水)
合:寅(木)
冲:巳(火)

辰巳空亡



坎為水(動爻なし)

KANISUI.png


ほっほ〜!!

これまた…!


ちなみに今回の判断の最大のポイントは、

卦ではなく、依頼主様の
「返したかどうかわからない」

というワードです。(笑)


ノートですし、
用神は父母爻っぽいですが…

念のため確認。

「緑か、青っぽいノートですか?」

YES

とのこと。

ふむ。
青龍の青ですね。

四爻・青龍・父母・申(金)が用神!



しばらく考えて、

「ノートはなくしてはいません」
「あと数日探して出て来なければ、持ち主に返却したのだと思います。」

とお伝えしました。


さて

結果は如何に…!


また結果と、卦の解説(?)をアップいたします。(笑)

2017年度、断易専用カレンダー!

みなさま

大変にお久しぶりでございます…!!!


占い自体はおかげさまで続けさせて頂いているのですが、
どんどんと「占わない」感じになっていっている今日このごろです。


いろいろと、それはいろいろと言いたい事もあるのですが!(笑)

うーん、なかなか…書くのは難しいですね(`;ω;´)

面白い占例もそんなにできず…(笑)



でも、気がつけばもうすぐ節分ですね。


ということで

今年度も作ってしまいました。

断易好きぷれぜんつ
断易のためだけのカレンダーです。(笑)

Dropboxにアップしました。
(ダウンロードにはDropboxか、Googleのアカウントが必要っぽいですが…)

よろしければ、コチラからどうぞ!!



そんなこんなで、

本年も、

どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

不応卦の出し方

うう…

いったい何ヶ月ぶりの更新でしょうか…


54年ぶりに、11月中の降雪(関東地方)という、今日はそんな日でございます。

54年…
9×6ですね、なんて浮かんでしまうほどに、
それはもう、
ウラナイでの数字の世界にどっぷりと浸かっておりました。(笑)



質問と答えがセットになっている…と捉える卜占では、

何をどう質問するか?という

質問力がかなり重要だと思います。


このビジネスの誘いを受けて良いかどうか?

という質問でも、

「どういう意味で」受けて良いかを判断するかはケースバイケースです。


お金になるのか?
トラブルにならないか?
相手方とうまくやれるか?

などなど…ですねぇ。


ーーー


ここ最近強く意識するのは、

「不応卦」はおそらく存在する事。

そして、その不応卦を確実に出すことができる質問の仕方、です。(笑)


そりゃそうですよね、

いくら易の神様でも、

答えようのない質問されてもwwwって感じですものね(笑)


言葉にすると大したことないんですが、

「占うまでもなくわかりきっていること」を易に尋ねると、

ほぼ確実に不応卦が出ると思います。




いやこれですね、

実はけっこうな盲点になり得るんじゃないかと。



基本的には、
「占いでもなければわからないよ」と思う事を占う訳なんですが…


実はその占いたい対象が「占うまでもなくわかる」事だとすれば…

そしてそれに気づかないまま占いを続けて行けば…

終わりの無い闇の中をさまよう事になりかねません。


質問の設定のさらにその前に、
ここを意識できるかどうかは、その後の展開を左右するぐらい大事なんじゃないかな…
なんて思う今日このごろです。



易の神様はきっとお忙しいのかな。

いや忙しくはないけど、余計なやりとりは好まないかもしれませんね。


「くだらねぇコト聞くなや〜!」

って言われたような気がしました。(笑)

【金口訣占例】射覆占・食べたのは何のアイス?

みなさまこんにちは!

先ほど面白い占例ができましたので、

忘れないうちにメモ!( ✧Д✧) カッ!!


ーーー
パートナーさんと、
「アイスを食べたんだ〜」という話になりまして。

そこでフッと思いついたのが、

「何アイスを食べたんだろう?」という素朴な疑問。


ちょっと占ってみるか…

ということで、

射覆(せきふ)の練習に!



パートナーさんが食べたのは何のアイスか?

丙申 乙未 丙午 丁酉 
(寅卯/空亡)

地分=辰


人元:壬
貴神:庚寅●
将神:己丑
地分:  辰



さて……

わたし、よく吟味もせずに、パっと見で答えてしまいました。

「ミカンのアイス?」


答えはノー。(笑)


「雪見大福?」

答えはノーでした。(笑)



OK,OK。

ちゃんと順番通り、基本に沿って、丁寧に判断しましょう!!(笑)

基本こそ奥義!( ✧Д✧) カッ!!


ーーー

実は、先日の射覆で調子に乗ってしまったらしく、

パッと見て旺相休囚死も空亡も無視してしまいまして(笑)


これはいけませんね、

ちゃんと考えましょう。(笑)



人元:壬   休
貴神:庚寅●旺
将神:己丑 死
地分:  辰 死


用爻・寅(木)は貴神の位置にあり旺です。

用爻であり旺なので、判断はここから始めるべきです。


そして、
まず最初の見落とし…

「空亡」です。(笑)


そう、

「上の方(貴神の位置だから)が空洞になっている」のです。


それを伝えると、前日に少し食べてたので、上の方が空いているとのこと。

なるほど!(笑)

(用爻寅(木)・年支申(金)・昨日の干支巳(火)で三刑になるので合っています。(笑))

それにしても、答えを聞いた後でも、
これはやはり「上の方に空洞があるもの」なんだと思います。(笑)



用爻・寅(木)は空亡ではありますが旺。

その「色」は、「青」です。


人元が壬で黒かな?とも思ったのですが、

「青色?」と尋ねると答えはYES。


なるほど!!

これでかなり絞られますね。


「ガリガリくん?」と答えるも、不正解。

おやおや…?

ーーー
地分辰(土)、将神丑(土)を見て、四角いものなのかな?と思ったのですが…

やはり基本は大事
ですね。

辰(土)も丑(土)も、そろって死。

どうやら四角いものではないようです。


そうすると、アイスという常識から考えて、残るカタチは「丸い」モノです。


「上の方に空洞がある=フタのようなモノがある」…?

「色は青」…

あと人元が「黒」で…

辰(土)、丑(土)、あと月の地支が未(土)と揃っているので、

どうもこう、バラバラなチョコレートのような印象が………






( ゚д゚)ハッ!




チョコミントだ!!!!




あとはカンで、

用爻の寅(木)の旺がとても勢いが良さそうに見える=スーパーな感じがしましたので(笑)


「スーパーカップのチョコミント??」


と答えて、

ようやく正解
でした。(笑)




そう、

用爻の寅(木)が植物系?という読みは間違っていなかったんです。(笑)


が、


空亡で実体のないもの、「香り」なんです。

(寅(木)→日支の午(火)で火局半合。目に見えないモノとして読む事ができます)



壬=子=玄武=黒、も合っていました。


土の十二支がそろって、刑されてバラバラなものが散りばめられている、ということでした。


用爻寅(木)がおもいっきり下の土を剋して、

ミントの香りがとても強いってことなんですね。

独特な香りがしますものねぇ…。(笑)



いや〜〜〜〜

勉強になりました!!

ありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ
プロフィール

Taiki

Author:Taiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
教科書&オススメ本

完全定本 易占大全

新品価格
¥3,024から
(2016/4/25 19:49時点)

六壬神課 金口訣入門(太玄社)

新品価格
¥2,592から
(2016/4/25 19:47時点)

金口訣六壬占数法―真珠貝は應鐘の弦に歌う 占いでナンバーズ宝くじを当てる方法の考察と基礎的研究

新品価格
¥3,672から
(2016/4/25 19:48時点)

黄小娥の易入門

新品価格
¥1,404から
(2016/4/25 19:50時点)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

中古価格
¥1,390から
(2016/4/25 19:48時点)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR